2012-05-06

ピカピカの愛車と月

2012年5月5日

洗車した手のマイカーと登ってきた満月(多分その1日前)

20120505_2 

2012-04-30

奈良公園

2012年4月30日 曇り空

201204305420120430232012043071201204300720120430332012043010_2201204300520120430592012043063

   

2012-03-31

サンシャイン水族館

  2012年3月25日

20120325037201203250342012032504520120325033201203250382012032510820120325025201203250392012032504320120325064201203250672012032509920120325112201203250692012032509220120325090201203250562012032509720120325098201203250952012032507020120325081201203250962012032507820120325057201203250792012032505320120325114

 

六本木アートナイト2012

  2012年3月25日深夜

201203241220120324032012032404_32012032407 2012032405 2012032409 2012032414 2012032419 2012032423 2012032424 2012032426 2012032430 2012032432 2012032435 2012032436 2012032438 2012032443 2012032450 2012032451 2012032455 2012032457 2012032458 2012032460 2012032463

201203246420120324662012032469_2 2012032470 2012032471

2011-12-23

OSAKA光のルネサンス

2011年12月22日

GIS学会東日本大震災支援チームで労を分かち合った仲間との忘年会の後、中之島に繰り出しました。

20111222sig35

20111222sig3420111222sig5120111222sig4920111222sig4720111222sig4620111222sig3120111222sig2920111222sig28_220111222sig2320111222sig3320111222sig2120111222sig22  

   

2011-12-02

木々が色付きました

2011年12月2日

今年の紅葉と落葉は遅かったですね。

ようやく自宅の紅葉も見頃となりました。

Dsc_0020Dsc_0016Dsc_0021Dsc_0005_7Dsc_0002Dsc_0022Dsc_0003Dsc_0008

Dsc_0015Dsc_0019 

   

2011-11-13

みさき公園

2011年11月13日

本当に久しぶりにみさき公園に行った。

これまで自家用車で行くときは道が混雑して、10時に着けばいいやと、2時間くらい見込んで8時に出発したところ、これまでになかった立派な道ができていて、1時間で到着してしまった。

開園まで少し待って、いざ入場。

さすがに小さい子供を釣れたファミリーが多く、我々のような中学生の娘たちを連れた家族連れはいなかった。

昔は、ベビーカーや、子供のおしっこの心配や、抱っこだの、疲れただのと、文句も言われて大変だったけど、今はそんな心配はない。ゆっくり自分のペースで楽しめた。

2011111300620111113025201111130132011111302720111113029201111130662011111304920111113077

2011-11-08

赤福茶屋

2011年11月8日

大阪駅伊勢丹にある赤福茶屋。

Facebookでチヨット話題になっていたのて訪ねて見ました。

かき氷はすでになかったけれど、定番の赤福とぜんざい。

店で食べる赤福はおもちがとてもやわらか。口の中でとろける。

ぜんざいのもちは普通の餅だが、あずき汁は濃い目。

付け合せの昆布は、高級昆布の端材を利用しているのか、うまい。

小梅もついていたが、コンビニ弁当のものと大違い。

全体に、上品です。

なによりも、ほうじ茶がうまい。

    20111108122011110803 2011110815 2011110806

2011110809201111081420111108102011110811

もう雪だるま

2011年11月8日

大阪駅2階中央出口を北に出たところに、もう巨大な雪だるまが。

2011110801_2

いい、表情をしている。

 

大阪駅北ヤードは、いま建設ラッシュ。2011110802_2 どんな まち になるのかなぁ。

2011-10-27

神戸ビエンナーレ(モトコー高架下)

2011年10月21日

ハーバーランドをあとにして、すぐ横のJR神戸駅~元町駅までのモトコー●番地。高架下に突入してすぐ、中国の毛沢東時代を彷彿させる軍服が売られていて、思わずシャッターを切ったら、反対側の店に座っていたおっさんが「人のものを勝手に撮るな。写真を取るときは断るべきだろ」と突っかかってくる。心では「撮られて嫌なものを陳列するな!!」と思いつつ、こんなおっさんと喧嘩してもしゃあないので、平身低頭あやまって、その場をしのぎました。

高架下商店街は元町に近づけは活気はあるものの、いやみなおっさんの店あたりからしばらくはシャッター街。だからアートで活気づけようということなのだが。それはそれ、店のおっさんがあんな態度なら「2度と来るもんか」という気になる。

せっかく街とアーティストが協働して、活気を取り戻そうとしているのだが・・・。

201110212192011102123320111021232201110212262011102122320111021222      

神戸ビエンナーレ(ハーバーランド)

   2011年10月21日

週末であれば、しおさい公園からハーバーランドまでの渡し舟が出るそうなのだが、ウィークデーのため欠航。仕方なくシャトルバスで移動。

神戸のこのあたりはとても久しぶり、っていうか、こんなに変わっているのを知らなかった。

喉が乾いてきたので、通りかかりのDRAGON SWEETSで紅茶を購入し、カエルの卵のようなものを太いストローで吸い上げる。

飲み?終わった頃に会場到着。

早速、スタッフのお姉ちゃんに声をかけられ、イメージスカッシュのような、インベーダーゲームを体を張って体験するようなゲームにチャレンジしました。荷物を持ったままスタートして、途中で胸ポケットの携帯が地面に落下するし、大変でした。こんなの週末なら、並ばないとできないんだろうなと、思いながらブースを移動して、特産品販売所みたいな所で、ワインを味見しているカップルに参加させていただき、まるで梅酒のようにまったりとしたあま~い、氷結ワインを1瓶購入しました。

めったなことでは自宅で酒を飲まないので、当分冷蔵庫の肥やしになることでしょう。

ハーバーランド会場のアートはコンテナボックスをイメージした、暗い環境での光のアートです。撮影には結構苦労しました。三脚もストロボも一切使わず。ふるえる体をじっとこらえての長時間露光の成果を御覧ください。

201110211642011102116020111021207201110211502011102115120111021213201110211592011102114320111021146201110211452011102114020111021152201110211632011102116220111021161201110211542011102118420111021177201110211942011102118320111021198201110211972011102119620111021195201110212022011102121220111021201201110212002011102120420111021176201110212062011102119920111021180201110211482011102117820111021181

2011102114220111021157                               

2011-10-26

神戸ビエンナーレ(しおさい公園)

2011年10月21日

兵庫県立美術館 神戸HATからシャトルバスで、ホーとアイランドのしおさい公園に移動した。

昼時で腹が減ってきたけれどコンビニもなく、ビエンナーレのスタッフに尋ねれば、「そこの神戸学院大学の学食がいいよ」とのこと。でも昼時で、学生で満員。仕方なくまずはアート鑑賞。

広い青空のもとで、強めのはまかぜが心地よく、本当に清々しい秋日和でした。

            

20111021069_620111021070_420111021068201110210712011102107820111021080201110210812011102108820111021092201110210952011102110620111021110201110211162011102112320111021062

神戸ビエンナーレ2011(兵庫県立美術館)

  2011年10月21日

平日、金曜日。

人の姿もまばらで、ゆったりとアート鑑賞が出来ました。

20111021036

2011102104720111021046201110210452011102104320111021028_4201110210332011102103020111021004201110210022011102102920111021001_22011102100720111021008 20111021009 20111021013 20111021014 20111021015 20111021016 20111021017 20111021018 20111021021 2011102102420111021025

      20111021050 20111021053 20111021052 20111021059

2011-10-23

霧島アートの森 

2011年10月18日

鹿児島から帰る日の午前中、空港に荷物を預けて、路線バスとコミバスを乗り継いで行って来ました。平日のコミバスは13時で終了なので、そんな訳でほとんど駆け足で森中を回ってきたわけです。

草間彌生の造形に迎えられて入った広々とした空間には、遠足の子供たちと、ほんの僅かの見学客。静かなものです。

途中の森中で鹿にも出くわしました。

20111018160

20111018178201110181802011101801020111018016 20111018025 20111018028 20111018038 20111018049 20111018052 20111018061 20111018068 20111018074 20111018079 20111018086 20111018094 20111018101 20111018110 20111018114 20111018128 20111018134 20111018135 20111018136 20111018144 20111018155 20111018165

知覧その2

2011年10月17日

南薩摩の小京都と言われる知覧の街並みを歩いてきた。

2011101702720111017026  20111017040 20111017042 20111017054 20111017066 20111017083 20111017094 20111017097 20111017106 20111017111

知覧

2011年10月17日

GIS学会学術大会が鹿児島大学で開催されたついでに、前から行きたかった知覧を訪れることにした。目的は戦時中、沖縄に最も近かった本土航空基地であった知覧基地から、多くの若者が死へと飛び立っていった記録を見たかった。きっかけはこの歌http://www.youtube.com/watch?v=Ay9Vy_WQYo8&feature=colike

季節は違うけれど、確かにこの場所で多くの人生が飛び立っていったんだ。

良いか、悪いかという視点で見るべきではないのだが・・・。

2011-07-31

蒸し暑い夏のパスタ。トマトの酸味が食欲をそそります。

2011年7月31日

蒸し暑いですね。

昼食にパスタを作りました。

Dsc_0023

材料は、この他にバジル、オリーブオイル、バーター、塩、白ワインです。パスタは生協の1.7mm9分ゆでを、8分で止めます。

Dsc_0024

バターや湯むきしたフレッシュトマトは仕上げに混ぜる程度です。煮込むとおいしくなくなりますから。すべての作業をゆで時間内に仕上げます。

Dsc_0025

リンゴと人参のジュースを添えて出来上がりです。

エビのコクと、トマトの酸味が程よいパスタ料理でした。

2011-07-10

書き留めておきたいこと

2011年7月10日

散髪に行ってきた。

昔は母親に連れられて、近くの小さな散髪屋さんで髪を切ってもらって、顔をそってもらって。

そういうことも40年も経つと記憶の引出の奥の方にしまっていて、めったなことでは顕在意識に出てこない。

散髪したてです。というのが苦手で、「まゆの下はそりますか?」「いいえ結構です」を40年間繰り返してきた。

今日、久しぶりに、「ええ、そってください」と答えると、大衆理容の散髪屋のにいちゃんが、まぶたにカミソリをあててきた。その瞬間、あの小さな散髪屋のおばちゃんの柔らかな指の感触も、カミソリの感触も、においも、店のざわめきも、引出の奥から飛び出してきた。

今日は懐かしい日だった。

2011-05-29

ラーメンの初代けいすけ

2011年5月21日

この日は午後から、東京大学でGIS学会代議員総会。赤門をくぐるのは3回目かな。

六本木から乗り換えが面倒なので、麻布十番までまずは歩いて移動。このあたりは老舗の蕎麦屋があるんですね。暑いのでひんやりとした蕎麦をかき込もうと思ったのですが、客待ちでいっぱい。一人で並んでまでいいや。メトロ南北線に乗ると、こちらは窓全開で涼しい。けれどこの路線は線路とホームが完全に遮断されていて、なんか電車好きにすれば面白くない。これはホームが狭いせいなのかな。

そうこうするうちに東大前に到着。農学部あたりに出口があるので、工学部まで一街区歩かないと・・・。前回来た時はカレーを食べたので、今回は学生街のラーメンでしょ。ということで、前回チェックしておいた、初代けいすけに行きました。

2011052029

越前前田家上屋敷の名残だったっけ、赤門のまん前にある横断歩道の向かい側に黒味噌ラーメンの初代けいすけがある。

2011052027_2 2011052024 

 

カウンターだけで10席ほどかな、本当に小さな店構えです。

黒いスープに黄色い麺。タイガースカラーやないですか。(僕はタイガースのファンでもありませんが・・・)、縮れた麺とスープの絡みはいまいちかな。スープは山椒がしっっっっかり効いていて、少々舌がしびれる。濃いめですね。

2011052026

ピントが、ややボケていますが、ご勘弁を。980円だったかな。とろとろ豚200円は余分だった。これはない方がいい。ラーメンと合わない。

たまには食べたい味ではあるが、毎日はちょっときつい。

そんなラーメンでした。けしてまずくはないよ。

 

ちなみに、今回東京土産には東京駅で六厘舎のつけ麺を買って帰ったら、家族はちょっと喜んでくれた。

久々の六本木 森タワー

2011年5月21日

久しぶりの東京です。

前日に長田町でGIS-Eの会合に参加し、震災関連の活動報告を拝聴し、その後近くのホテルにて懇親会、テーブルのランプを見ていると、時折揺れている。体に感じるほどではないけど、やっぱり、ずっと揺れてるんや。

麹町の小さなお店で、千葉県の知人たちと2次会を堪能して、そのまま近くのグリーンパレスで一泊。パソコン持ち込みで、仕事をこなして、寝入ったのは2時を過ぎていたと思う。

翌日、六本木まで歩いて行こうと思っていたのだけど、その日は朝からとても蒸し暑く、寝不足もあったので、止むを得ずメトロで移動。東京の電車は安くて便利。でもエアコンも効いていないし、窓も空いていない。僕は扇子をフル回転させているのに、他の客たちは知らん顔。

東京には扇子の文化はないのか、と思うほど。窓を開ければちょっとでも涼しかろうに。そういえば数年前に札幌で乗った地下鉄は、真夏だったけれど窓全開で十分涼しかった。

そうこうしている間に、きなれた六本木につく。「きなれた」と言えば伊勢物語に、そんな歌があったな。「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」在原業平のころは、今日から吾妻の地まで、新品の服になじんでしまうほどの時間を旅したんですよね。まぁそれと、連れ添ってきた妻がすたれたという意味を掛け合わしているようですが・・・。

ともかくフレンチウィンドを拝見です。

1305940753836_2

ふむふむ。軽くていいですね。肩が凝らないとはこんなものですかね。

 

 

何となく、人が少なく、森美術館だけではなくて、森ビル全体が閑散としています。

屋上のデッキもがら~~~んと。

2011052005

芝からお台場方面、東京タワーが小さく見える。2011052006

皇居と霞が関方面、かすんでいるので、スカイツリーはシルエットだけ。

2011052008

新宿副都心は都庁が隠れてしまってる。

20110520102011052011 

眼下に目をやれば、国立新美術館と、ミッドタウン。今日は時間がないのでこちらには回りません。

6月2日~3日に開催される第7回GISコミュニケーションフォーラムは右側のミッドタウンです。

ここは一人で昼食をとる場所ではないので、本郷に移動します。

2011052013

2011-04-10

さくらにかわりました

2011年4月7日

どか雪から1カ月も経っていないのですが、さくらにかわりました。

Dsc_0006

2011-02-21

どか雪です。その3

2011年2月14日

もう1週間経ちますね。先週の月曜日は夕刻からのどか雪で、みなさん大変な目をして帰宅されたこととご推察します。いつもは数十分でたどり着く自宅に、数時間かけて帰宅された人も多かったようです。帰宅できた人はまだよくて、帰れなかった人や、自家用車を路上に乗り捨てなくてはならなかった人など、大変でしたね。

僕はいつも通り、電車と徒歩での帰宅だったので、べちゃべちゃの新雪を踏み固めながら帰宅しました。途中で幻想的な景色にも巡り合えてラッキーでした。

 

2011021401

スマホIS03で撮りました。

2011-02-11

どか雪です。その2

2011年2月11日 昼下がり

ようやく、雪も止みました。

さっそく恒例の雪の造形作りです。

息子製作の大作と、娘製作のかわいいやつをご覧ください。

20110211352011021141 

  こやつは、なんとカメラの「顔認証」に対応しよるのです。

大笑いです。

 

 

2011021137

ワンピースの白ひげです。

どてっ腹の中は、かまくらですわ。

2011021148

中には、ピカチュウたちが。さすが幼稚園の先生の作品ですわ。

どか雪です

2011年2月11日

久しく見なかった積雪。

なんじゃこれは、というほどの雪が積もっています。

昼を過ぎてもやまない雪は、これからまだどれほど積もるのか。

2011021102

20110211092011021104 

2011021108_2

真っ赤なフィットが白い雪によく映えます。

でもこいつはノーマルタイヤで、前のラテかスタッドレス。先ほど雪道をこいつで走ってきました。大したもんですね、全く滑らない。

 

 

 

うちのわんこ達も雪の感触を楽しんでいました。

2011021111_22011021125 

2011-01-25

○△□焼き冨紗家

2011年1月25日

測量技術講演会を終えて、近くの空堀商店街でちょっと食事でもと、入った店。

ちょっと変わり種のお好み焼き。よくある昭和レトロ風の室内。

昭和レトロというのは、あまり好みではないのですが、雰囲気は悪くない。

銀色の鍋の中は、大量のもやしと豚小間。ポン酢でいただきます。

焼き物も結構美味かった。

料理をいただきながら、街の活性化についての議論。

感性を持たない人たちの街づくりは、保身的な仕事になるということで話が一致。

ちょっとしたアイデアと、冒険心と、おもいきり。

そんなよい話ができた食事会でした。

Sa3c0056Sa3c0055_2

 Sa3c0057_2

2011-01-24

當麻の寒牡丹

2010年1月24日

所用により当麻寺に行ってきました。

そういえば寒牡丹の季節でしたね。

雪はなかったけれど、ちょうど見ごろの寒牡丹が、たくさんではないけれど、大切にされ、

創建当時の双塔を背景に、咲いていました。

2011012307_4 

20110123022011012315 

 

 

2011012311

寒桜のような白い花もあり、寒中に春を見たようです。

2011-01-16

川崎駅付近の多摩川

2011年1月15日

2011011424_2 宿泊したホテルはこんなんです。ドアを出たところが、室外の廊下で、いわゆるワンルームマンション。なぜか暖房を切っていても室内は暖かでした。

夜中に数度救急車のサイレンで起こされましたが、朝に外をみて納得。隣が消防署。

ちょっと寝不足かな。

早朝ではないのですが、多摩川を見たくて散歩してきました。

 

そこは、「文明」の力と、それとなじめない、そこから「はじかれた暮らし」が、同居しいるところでした。

2011011509

20110115102011011511

2011011512 2011011514 

20110115182011011522  2011011524

東京へ、川崎へ

2011年1月14日

早朝の起床時間を1時間寝過して、あわてて東京に出かけました。

新大阪8時前の新幹線で、湖北~関ヶ原はどんよりとした冬景色でしたが、名古屋から東側は次第に明るくなって、富士山がご覧の通りくっきりと。

2011011401_2

10時30分過ぎに東京到着。11時からの打ち合わせにどうにか間に合ってくれました。

2011011418

2011011411_2

皇居前広場も晴天。でもビル陰は寒かった。

午後には、川崎に移動し、次の仕事に向かいます。駅前をちょっと路地に入ったところの中華料理屋で、遅めの昼食。ランチタイムを過ぎていたので単品メニューを頼むことに。

ここ成喜は川崎で最初に餃子を作ったところとのこと。水餃子と焼き餃子の両方を試してみましたが、水餃子の方に軍配が。特性みそだれも癖がなく水餃子に合っていました。

とろみのついた中華そば、特性太麺の焼きそば、これは中華味で美味かった。(食べかけの写真ですみません。)

2011011421

あったかい料理でおなかを満腹にして、次の仕事に挑んだので、冬にも関わらず扇子のお世話になりました。

2011-01-01

勝光寺

2011年1月1日Dscn1387

 

我が家の近所の勝光寺(しょうこうじ)は、由緒ある寺ではないのですが、受験生が除夜の鐘と共に参ったら、合格間違いナシというありがたいご利益の寺です。うちの娘の時も絶対安全といわれていた友人が、たまたま大晦日に寝込んでしまって、友達と一緒に参れなくて、結局仲間のうち、その子だけ希望校に行けなかった。

最近では、おは朝の取材でジャルジャルが寺の横の滝で修業をしたとのことで、今朝の朝日新聞朝刊でも、内定できていない大学生がここで滝行に挑んだとか。ちょっと注目を集めているような。

まぁ、今年も、それなりに結果を出したいですね。

2010-12-26

休日の巨大プリン

2010年12月26日

Dscn1373

牛乳800ccで作ったプリンです。昼食代わりに3人で食べました。

フォトアルバム